松井くにひとロゴ

松井くにひとの提案

富山市が現在かかえている課題と、それをどのように解決していくかの提案を7つの項目にまとめました
財源1 人口減少により、財源の確保が厳しくなる。財源のうち市税が45.1%。その内訳は固定資産税と個人市民税で約75%をしめる。 財源1 *魅力あるまちづくり
*移住者と観光客の増加推進を検討
*企業の経営安定のための支援
財源1 人口減少をいかにゆるやかな減少に とどめていくか。 財源1 *子育てしやすい環境をアピールし、家族とともに富山市に住んでもらう
*県外出身の大学生に、卒業後も富山市に就職し、定住してもらう
*県外へ転出した方のUターンを推進
財源1 民生費(子育てや介護、福祉などに使う経費)の比率の増加とともに、医療の最後の砦である公立病院の維持・継続が課題となっている。 財源1 *平均寿命と健康寿命の差を短くする施策を実施(とほ活アプリなど)
*市民病院のあり方について検討
財源1 財源が厳しくなっていくとこれまでと同じようなサービスを提供することが難しくなる。 財源1 *地域コミュニティと市役所が協力してサービスを維持していく
*頑張っている地域を支援
財源1 児童・生徒数の減少にともない男女比の偏りや、クラス替えができない等の課題が顕著化。 財源1 *子供達の望ましい学校規模にする
*地域にあった義務教育学校やコミュニティースクールの検討
財源1 担い手不足による休耕田、耕作放棄地が増加し、雨水対策にも影響がでてきている。 財源1 *休耕田等を活用するための取組み
*担い手不足解消のために、人材マッチングや農業ボランティアの検討
財源1 道路・橋りょう・上下水道の更新費用が増加していく。 財源1 *維持管理費をおさえるため、地域や民間企業・大学などと協力していく

松井くにひと後援会連絡先

住所:富山市向新庄町三丁目3番7号

TEL/FAX:076-451-1261

携帯電話:080-2345-0991

メール:matsuik1973@gmail.com

インスタグラム